法人のお客様へ カートをみる マイページへログイン ご利用案内(銀行口座) お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
九谷焼 専門店 和座本舗受賞歴

九谷焼 花瓶 柳むすび(4-1338)


【アウトレットの理由】
こちらの作品は焼成時に約5mm程度の焼ムラが生じた為、アウトレットとなっております。詳細は作品画像の中でもご説明させて頂いておりますのご確認下さい。一般的なライティングの空間では目立たない程度の焼ムラではありますが当店の最終検品にて正規品からは外させて頂きました。ご贈答品としてはお薦めできません。またアウトレット商品の為、輸送中の破損以外でのご返品・キャンセルは不可となります。


意外とスポットライトの下では

お値段以上の風格を醸します。


九谷焼の花瓶、花瓶という名前ではあるものの実際に花を飾るというよりも花瓶単体をインテリアアイテムとして飾って頂くことを前提に作られています。いわゆる美術品としての花瓶という位置づけになります。「花も飾れないような花瓶は・・・」と一昔前は敬遠されてきた九谷焼の花瓶ですが、昨今では和のインテリアアイテムとして空間にこだわった飲食店様や家の中に和の空間を演出したい方、また海外の方々からの熱いご支持を頂き本来の九谷焼が持つ魅力が凝縮した花瓶人気が再燃しつつあります。「日本のよきモノ」の一つとして継承していきたいアイテムだと私は思います。






古くは献上品として極一部の限られた方々だけに使われてきた九谷焼ですが明治期以降、海外への輸出や日常の食器として需要が増えたことにより、素地の量産技術や絵具の改良によって、低コストで生産できるようになった。しかし低コストや大量生産は地方産地の生産能力を遥かに超え、次第に粗悪な品物も出回るようになりました。この時代の影響で一時は九谷焼=粗悪品というイメージがあったのも事実です。

そんな時代を危惧し新たに精度が高く品質の良い九谷焼の開発を行った結果、現在の「上絵転写技術」が確立されました。幾つもの丁寧な工程を行うことにより伝統的な色彩や雰囲気を見事に再現する現代の転写製品は、九谷焼の中でも一つの「技術」として認められるようになりました。

写真左上から順に工程をご紹介させて頂きます。まずはデザインを行うところから始まりますが、これは手描きで丹念に行います。この時に筆圧や擦れなども忠実に再現されるため慎重な作業となります。下書きしたシートをパソコンに取り込み黒の部分だけを抽出して元となる線の原稿を作ります。その上に色を付けていきます。1色につき複数枚のレイヤーを重ね手描きに近い雰囲気の原稿に仕上げていきます。原稿をレイヤー数だけモノクロのフィルムとして出力します。それを細かなメッシュの版に手で乳剤をかけたものに貼り付け光を当てます。すると画像のように色のついた部分だけが抜けた版になります。正規の版は機械で刷り始めて完成させるのに1種類の転写紙につき約3日〜5日ぐらいかかります。それを手作業によって白地に張り付けていきます。1パーツづつ丁寧に貼り付けていきます。洋食器の転写紙に比べかなり厚い紙になるので張り付ける作業にはかなりの技術を要します。ヘラで気泡と水分を取り除きながら同時に皺を伸ばして貼っていきます。

九谷焼の転写を貼る技術はある意味、手で色を塗ると同等に高度なテクニックを要し技術習得には何年も必要とします。

上記のうような工程の末に完成する九谷焼の転写作品は精度の高さ発色の美しさは世界レベルであると言えます。更に転写技術でしか表現できない新しい「美しさ」の表現も可能となってきました。現代のライフスタイルの中に三百五十年以上継承されてきたデザインを取り入れてお楽しみ頂ければ幸いです。

技術解説協力:株式会社青郊





作品のお取り扱い方法

九谷焼の花瓶は飾り花瓶としての要素が強いのでお花を飾るよりも、花瓶単体を飾って頂くことをお薦め致します。もちろんお花も飾って頂けますので、花瓶の絵柄がお花の雰囲気を邪魔してしまう場合は花瓶の裏面を正面に向ける事でシンプルな花瓶としてお使い頂けます。花瓶を置く場合は敷布などを敷いて頂きますと接する面に傷をつける事を防ぐ事ができます。
窯元 -
素材 磁器
サイズ 径 17.5cm 高 24.0cm
外装 木箱
注意点 小さな焼ムラがある為、ご贈答品としてはお薦めできません
備考 描画:転写


九谷焼 花瓶 柳むすび(4-1338)

定価:
10,800円(税込)
価格:

3,000円 (税込)   <72%OFF>

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ