法人のお客様へ カートをみる マイページへログイン ご利用案内(銀行口座) お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
九谷焼 専門店 和座本舗受賞歴

ペアマグカップ バラ色絵 相川志保(WAZAHONPO-ai-0001)

淡い水彩画のような色彩を見せる「色絵染付」と「いっちん技法」と呼ばれる盛絵具にて輪郭を描き立体感を表現する技法の両方を巧みに用い優しい世界観を描きだす女流陶芸作家、相川志保さんが作る上質な普段使いの器です。すでに単品の湯呑がここ数年、定番の人気作品となっておりましたので、今回無理を言って弊社オリジナルの赤色と黄色のバラを描いたペアのマグカップを新作として製作して頂きました。老若男女問わずに長くご愛用頂きたいという思いで形状からこだわり、通常のマグカップよりもほんの少し小さいサイズにてご用意させて頂きました。サイズを少し小さくしたことで器自体も使いやすい重さになりました。土の素朴な風合いと釉薬の滑らかな質感が手にした時に至極の癒しを感じて頂けるかと思います。「ホッとしたい」そんな時にお使い頂きたい器になりました。ほぼ毎日使えるマグカップですので新築御祝いや引越しの御祝い、また結婚御祝いや各種結婚記念日のお祝いの品としてもお薦めです。




写真左:水彩画のような濃淡やかすれが実に優しい風合いを醸し出す作品です。
写真中:「いっちん」と呼ばれる立体的に絵付ができる絵具を用いて描かれる文様は美しい陰影をつくります。
写真右:やや小さめのサイズを意識した形状は普段使いの中で心地良さを感じさせてくれます。


九谷焼において重要な役割を担っているのが各生産工程に携わる職人たちです。素地を成形する轆轤師、絵付を施す絵付師、特に九谷焼の場合は後者の絵付師の方々が多く仕事をされています。作品に型紙を当て、大体の当りをつけるだけで同じ絵柄を何枚も何枚も描くことができる熟練した技術の持ち主たちです。そんな重要な役割である職人も近年では後継者不足であり、後継者の育成が大きな課題となっています。表舞台に出ることが少ない職人ですが、日々、新しいデザインを研究しモノヅクリに挑む姿は、鬼気迫るものがあり、時代が求める「美しさ」を常に意識する感性には誇りを感じます。鍛錬に鍛錬を重ねた職人達の技術は世界に誇れる「技」だと思います。そんな職人の姿を作品を通してお伝えすることが私の使命であり、もっと多くの方々に職人の魂が込められた作品で感動や驚きを提供していきたいと思っています。


作品のお取り扱い方法

土物の陶器ですので、初めてお使い頂く前にお湯にしばらく漬けておいて頂ければ、その後のご使用頂く際に汚れがつきにくくなります。絵付の美しさ保持の為、食器洗浄機でのご使用はご遠慮下さい。また御使用後には、なるべく早く洗って頂き、充分に乾燥させて頂きますと良い状態で永くお使い頂けます。

作品によりましてはカンニュウと呼ばれる焼物特有の細かいヒビがある為に長くご使用頂いておりますと変色する場合がございます。焼物の味わいでもありますが食器用漂白剤をお使い頂く事でご使用前の状態に近づける事ができます。
作家 相川志保
素材 陶器
サイズ 同サイズ 径 約9.0cm 高 約8.5cm
外装 化粧箱
洗浄
レンジ
絵付部分の美しさ保護の為、食器洗浄機はご遠慮下さい
電子レンジでの使用可能です(オーブンは不可)
備考 -

ペアマグカップ バラ色絵 相川志保(WAZAHONPO-ai-0001)

価格:

9,500円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる