法人のお客様へ カートをみる マイページへログイン ご利用案内(銀行口座) お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
九谷焼 専門店 和座本舗受賞歴

ペアビアカップ 椿 青良窯(WAZAHONPO-41142)

この独特な優しさを醸し出す作風で近年、人気の高い青良窯、最高ランクの夫婦湯呑です。おぼろげな雰囲気がどこか幻想的、そして淡い色彩に可愛らしさを感じる、上質な仕上がりとなっています。華やかな外絵と可愛らしく咲く内絵のバランスが絶妙な作品です。常に品薄の作品となりますので在庫がある際にはぜひご検討頂ければと思います。


陶磁器のビアカップならではの楽しみ方で、いつものビールをもっと楽しんでみませんか?九谷焼のビアカップの使い方、色々な楽しみ方があると思うのですが、ここでは弊社のお薦めをご紹介させて頂きます。まずカップを綺麗に洗い軽く水を切ります。この時、乾燥はさせず、そのまま冷凍庫に入れて最低30分は冷やしてください。あとはお好きなタイミングでキンキンに冷えたビールをゆっくり注ぎこんもり膨らんできた泡立ちを確認したら、ぐいっ!と流しこんで頂ければ至極のビールライフが待っております。またしばらくご使用にならない際には食器乾燥機等にて十分に乾燥させた後、ご収納下さい。




写真左:シンプルでありながら深みのある色合いの組み合わせが伝統とモダンを感じさせてくれます。
写真中:和の趣を感じることができる落ち着いた雰囲気が魅力です。
写真右:ビールだけではなく冷たい飲み物全般で楽しくお使い頂ける作品です。


1992年

1993年

1997年

2000年
九谷焼伝統技能展入賞

九谷焼伝統技能展入賞

伝統九谷焼工芸展初入選

第32回日展初入選
日本新工芸展奨励賞受賞
第14回日本新工芸石川会展奨励賞

2002年 第16回日本新工芸石川会展
県知事賞受賞
第41回北陸中日美術展入選

2003年

2004年

2007年

2010年

伝統工芸士認定

石川伝統工芸展入選

第10回日本伝統工芸士会作品展入賞

第13回日本伝統工芸士会作品展入賞

霊峰白山を仰ぐ、九谷の里、加賀百万石の地に昭和34年に開窯し、三百五十年の伝統工芸を今に伝える九谷焼の製作の中で高温釉を基調とする本窯絵付の研究に専念し、更には現代感覚に応えられる図柄、形状を追求し釉薬の研究に没頭し独自の特色を生し、重厚、優美な九谷工芸品の創作に精意努力しております。
窯主 和田昭男

青良窯の作品は独自の色彩感があり、使い心地も考えられた、いわゆる「用の美」を持った九谷焼であると言えます。普段の生活の中にちょっと贅沢な趣を付加してくれる、そんな作品たちです。少し視点を変えると自分用には少し贅沢な器かもしれません、でも大切な人に使って欲しいと思わせてくれる作品なのだと私は思います。
和座本舗 店主


作品のお取り扱い方法

磁器の器ですので、特別なお手入れの必要はございません、食器洗浄機でもお使い頂けますが、絵付部分はできるだけ他の器に触れないように置いて頂きますと傷がつきにくく最良の状態で長くお使い頂く事ができます。洗浄後は十分乾かしてからご収納下さい。

作品によりましてはカンニュウと呼ばれる焼物特有の細かいヒビがある為に長くご使用頂いておりますと変色する場合がございます。焼物の味わいでもありますが食器用漂白剤をお使い頂く事でご使用前の状態に近づける事ができます。
窯元 青良窯(せいりょうがま)
素材 磁器
サイズ 径 約7.8cm 高 約11.5cm
外装 化粧箱
洗浄 絵付部分の美しさ保護の為、食器洗浄機はご遠慮下さい
レンジ 電子レンジでの使用可能です(オーブンは不可)
備考 2個1組

ペアビアカップ 椿 青良窯(WAZAHONPO-41142)

価格:

16,200円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ