法人のお客様へ カートをみる マイページへログイン ご利用案内(銀行口座) お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
九谷焼 専門店 和座本舗受賞歴

九谷焼 香炉 川せみ(WAZAHONPO-41596)


【アウトレットの理由】
こちらの作品は長期間保管されていた作品となり外箱に汚れ等があります。配送用の最低限の箱となりますのでご贈答にはお薦めできません。


献上品としての九谷焼 九谷焼の香炉はあくまでも飾り香炉の用途で作られております。香を炊くという実用的な部分は切り捨て、あくまでも美しさにこだわり創られております。床の間はもちろん現代においてはリビング、寝室、玄関などにもお飾り頂けるインテリア小物としての香炉をお楽しみ頂ければと思います。古くは献上品として石川県(加賀の國)を代表する宝物のひとつとして贈られてきた文化が今も色濃く感じることができる九谷焼の香炉。ご自宅用としてもご贈答品としてもお薦めできる作品です。
※鑑賞専用の香炉となりますので実際にお香焚くことはご遠慮下さい。







九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物」と言われる事が多い。まさにその通りだと思います。三百五十年以上も前に、この石川県の地で焼物が作られたが鉄分を多く含む陶石を使っていたことからその性質上、真白な色の焼物にならず見栄えを良くする為に絵が描かれた事が九谷焼のルーツだと伝えられています。九谷焼は彩色することにより焼物に価値を見出したのです。以降、加賀百万石、前田家の豪放華麗な文化の中で、その加飾技術は磨き上げられ今日の絢爛豪華な作品の数々が生み出されました。そして明治期に輸出用の作品として贅沢に金を用い描かれた作品が現代の九谷焼の「派手」なイメージの基になっていることは間違いありません。もちろん九谷焼の中にも染付(藍と白)で描かれたシンプルな作品も多々あります。しかし最近になり感じるのは九谷焼の派手過ぎるくらいの彩色が持つデザインの強さ、近年、無駄はできるだけ省きシンプルを求めるデザインが多い中で、この九谷焼の無駄とも思えるくらいの加飾(かしょく)あえて過色(かしょく)とも言い替えることができる過度なまでのデザインには華やかな日本の文化を垣間見る事ができると思えるようになりました。JAPAN KUTANI、明治期、世界が賞賛したのは原色鮮やかで煌びやかな九谷、その華やかな色絵の文化こそ九谷焼が持つ最大の魅力だと思います。





作品のお取り扱い方法

こちらの作品は観賞用美術九谷焼となりますので、通常の香炉としてお使い頂くことはご遠慮下さい。床の間などに飾られます場合、敷布や台を置いた上に飾って頂くと設置面の傷を防ぎます。
作家 古田弘毅
素材 磁器
サイズ 径 約10.0cm 高 約11.5cm
外装 木箱
備考 -


九谷焼 香炉 川せみ(WAZAHONPO-41596)

定価:
19,440円(税込)
価格:

8,400円 (税込)   <56%OFF>

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ