法人のお客様へ カートをみる マイページへログイン ご利用案内(銀行口座) お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
九谷焼 専門店 和座本舗受賞歴

招き猫(右手)横座り 黒盛花と蝶(WAZAHONPO-51578)


【アウトレットの理由】
こちらの作品ですが鼻の頭部分にホクロのような小さな絵具の付着があります。作品自体は正規販売作品と全く変わりの無い作品ですが縁起物ということもありお顔に付いた絵具は気になる方もいらっしゃるかと思いますので特別価格でのご提供となります。ご贈答品としてはお薦めできません。またアウトレット商品の為、輸送中の破損以外でのご返品・キャンセルは不可となります。


縁起物ゆえ気になる部分です。

ただ唯一無二の個性でもあります。


大胆に咲く花の姿と艶やかに舞う蝶の図、妖艶な雰囲気に包まれた作品です。「九谷焼の招き猫には色による意味合いってありますか?」とよく聞かれますが、基本的にはお好きな色をお選び頂いております。が、一般的に黒は魔除けということで家や会社の守り神的な意味合いでお探しの皆様には黒色が人気のようです。作品名にある「盛(もり)」とは九谷焼の置物の特徴でもある「盛(もり)技法」と呼ばれる絵付技法により彩色された作品です。盛技法は粘度の高い絵具をデコレーションケーキにクリームを絞り出す方法と同じ要領で厚く盛り上げる絵付技法となり、その盛り上がった絵具により生まれる立体的な紋様や風合いは、どこか謎めいた神秘的な美しさを創りだします。手仕事での彩色ですので若干、色の濃淡(ムラ)がありますことご了承下さい。




招き猫、古来より日本人に愛されてきた縁起物であることは間違いありません。そして招き猫の中でも九谷焼の招き猫は特に金運に良いとされ多くの商い人により大切にされ今日に至ります。栄華を誇った加賀百万石の時代・歴史を歩んできた事も、そう語り継がれる要因の一つと云われています。

九谷焼には置物を専門に製作する職人がいます。生活空間の欧米化にともない置物を飾る場所や習慣が減少傾向にある現在、置物製作に携わる職人の数もそれにともない減ってきています。非常に高度な造形技術、そして彩色技術を必要とされる専門的な仕事を完全にこなせる熟練した職人は現代では大変希少な存在です。また技術の習得に時間を必要とする為、若手後継者が少ないのも事実です。しかし近年、再び縁起物という日本古来のパワーアイテムが注目され始めたことで置物職人の技が活かされる機会も増え始めてきており伝統の継承という未来への光が少しづつ見え始めてきています。縁起物が日本の伝統文化を代表する作品の一つとしてもっと多くの方々に知って頂き触れて頂ける機会を和座本舗は創造していきたいと思います。

決してお安い作品達ではありませんが多くの皆様からのご支持を頂戴し高評価をいただいております。お求め頂きました全ての皆様が笑顔になって頂くことが縁起物の使命だと私達は考えます。何かを強く願う方々に、そして本当に大切な方々へ想いを込めて贈る作品として、九谷焼の縁起物が少しでもお役に立てることが私達の幸せです。






九谷焼には置物を専門に製作する職人がいます。生活空間の欧米化にともない置物を飾る場所や習慣が減少傾向にある現在、置物製作に携わる職人の数もそれにともない減ってきています。非常に高度な造形技術、そして彩色技術を必要とされる専門的な仕事を完全にこなせる熟練した職人は現代では大変希少な存在です。また技術の習得に時間を必要とする為、若手後継者が少ないのも事実です。しかし近年、再び縁起物という日本古来のパワーアイテムが注目され始めたことで置物職人の技が活かされる機会も増え始めてきており伝統の継承という未来への光が少しづつ見え始めてきています。縁起物が日本の伝統文化を代表する作品の一つとしてもっと多くの方々に知って頂き触れて頂ける機会を和座本舗は創造していきたいと思います。




作品のお取り扱い方法

乾いた布でホコリを拭き取る程度でOKです。飾る場所の湿度や温度により色がくすんだ場合は濡らした布で軽く拭いて頂き、乾拭きで仕上げて頂けますと輝きが甦ります。直射日光に長く当たる場所に長年置いておきますと絵具の変色が起きますので直射日光は避けるようにお願い致します。置物を飾って頂く際には落下の可能性が低い設置場所をお薦め致します。特に座布団に置く場合はご注意下さい。
窯元 -
素材 磁器
サイズ 高 約16.5cm 幅 約15.0cm 奥 約10.5cm
外装 紙箱
備考 -


招き猫(右手)横座り 黒盛花と蝶(WAZAHONPO-51578)

定価:
11,880円(税込)
価格:

8,640円 (税込)   <27%OFF>

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ