法人のお客様へ カートをみる マイページへログイン ご利用案内(銀行口座) お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
九谷焼 専門店 和座本舗受賞歴

吉田幸央 九谷焼 花瓶 彩色金彩(WAZAHONPO-52021)

九谷焼 花瓶 彩色金彩 吉田幸央


金彩技法を駆使し伝統工芸をアートの領域まで高める注目の九谷焼作家、吉田幸央(よしたゆきお)氏。釉裏金彩(ゆうりきんさい)技法にて人間国宝に認定された吉田美統(よしたみのり)先生を父に持つ生粋の陶芸家DNAを引き継ぐ氏の作品は常に伝統工芸の可能性とアートとしての一面をあわせ持った挑戦的な作風が魅力です。氏の作品は一見してシンプルなデザインに見えるのですがその色彩の重なり色絵のにじみなどの複雑な要素の組み合わせからなるデザインは陶芸という言葉では表現できない緻密さと感性の多様性が伺える作風です。幾重にも幾重にも色を重ね合わせる工程を繰り返すことで作られる吉田幸央独自のテクスチュア、それは金属のような表情にも織物のような表情にも見える複雑色。その混ざり合う色に金を加えることで整うデザインの妙。世界のアートシーンでも注目される次世代の九谷焼がここにあります。
※花瓶を置く場合は敷布などを敷いて頂きますと接する面に傷をつける事を防ぐ事ができます。

【主な陶歴】金沢美術工芸大学非常勤講師 昭和35年生まれ
平成9年 国際色絵陶磁器コンペティション97九谷準大賞受賞
平成11年 国際陶芸ビエンナーレ99特別賞受賞
平成21年 伝統九谷焼工芸展大賞受賞
平成22年 日本伝統工芸展高松宮記念賞受賞






九谷焼作家とは「作家もの」と呼ばれる展覧会等で高い評価を得ながら自身の作品の美術的価値を高めていく九谷焼作家として作られる作品です。作家ものは一般商品とは性質が異なり、あくまでも美術品、アート的な要素が強い作品群となります。偶然、目にした作風に一目惚れすることや、作家個人の作品に対する想いに共感したりと、お気に入りの作家ものと出会う理由は様々かと思います。基本的には一人のアーティストの表現の形となりますので対象となる作家それぞれのファンになる形でご支援頂けることが個々の作り手の励みとなります。皆様のご支援や応援が世界での活躍、また人間国宝や文化勲章等の最高峰の栄誉を得るプロセスの大きな要因となります。ぜひ応援頂ける九谷焼作家を見つけて頂けましたら幸いです。和座本舗は将来性のある作家を厳選し紹介していきたいと考えています。







九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物」と言われる事が多い。まさにその通りだと思います。三百五十年以上も前に、この石川県の地で焼物が作られたが鉄分を多く含む陶石を使っていたことからその性質上、真白な色の焼物にならず見栄えを良くする為に絵が描かれた事が九谷焼のルーツだと伝えられています。九谷焼は彩色することにより焼物に価値を見出したのです。以降、加賀百万石、前田家の豪放華麗な文化の中で、その加飾技術は磨き上げられ今日の絢爛豪華な作品の数々が生み出されました。そして明治期に輸出用の作品として贅沢に金を用い描かれた作品が現代の九谷焼の「派手」なイメージの基になっていることは間違いありません。もちろん九谷焼の中にも染付(藍と白)で描かれたシンプルな作品も多々あります。しかし最近になり感じるのは九谷焼の派手過ぎるくらいの彩色が持つデザインの強さ、近年、無駄はできるだけ省きシンプルを求めるデザインが多い中で、この九谷焼の無駄とも思えるくらいの加飾(かしょく)あえて過色(かしょく)とも言い替えることができる過度なまでのデザインには華やかな日本の文化を垣間見る事ができると思えるようになりました。JAPAN KUTANI、明治期、世界が賞賛したのは原色鮮やかで煌びやかな九谷、その華やかな色絵の文化こそ九谷焼が持つ最大の魅力だと思います。





作品のお取り扱い方法

九谷焼の花瓶は飾り花瓶としての要素が強いのでお花を飾るよりも、花瓶単体を飾って頂くことをお薦め致します。もちろんお花も飾って頂けますので、花瓶の絵柄がお花の雰囲気を邪魔してしまう場合は花瓶の裏面を正面に向ける事でシンプルな花瓶としてお使い頂けます。花瓶を置く場合は敷布などを敷いて頂きますと接する面に傷をつける事を防ぐ事ができます。
作家 吉田幸央(よしたゆきお)
素材 磁器
サイズ 径 約13.5cm 高 約27.0cm
外装 桐箱
備考 -


吉田幸央 九谷焼 花瓶 彩色金彩(WAZAHONPO-52021)

価格:

129,600円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ