法人のお客様へ カートをみる マイページへログイン ご利用案内(銀行口座) お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
九谷焼 専門店 和座本舗受賞歴

九谷焼 夫婦 ふくろう 盛(不苦労 フクロウ)(WAZAHONPO-51627)


穏やで愛らしく優しさに満ちた表情の夫婦のふくろう、その表情は絶対的な絆を感じさせてくれます。ふくろうの置物は世界中で幸運の鳥として大切にされているモチーフですが日本では、不苦労や福来朗などの語呂合わせや「福来」(福が来るの意味)「福籠」(福が籠にたくさんつまった様子)「福老」(幸福に年をとる)などのように縁起ものとして愛されるモチーフです。また夜行性ということ家の守り神や番人、夜目が利くことから先見の明あるとも言われています。海外では「知恵の神」「文芸の神」「森の護り神」とされています。

九谷焼のふくろうの置物が登場したのは近年になってからです。もともと招き猫等の縁起物が作られていた経緯から世界中で愛されている縁起物ふくろうをモチーフに置物専門の窯元により製作されたのが始まりです。しかし誕生から間もない九谷焼のふくろうですが、あっという間に縁起物のスタンダードとなり大切な記念日の記念の御品としてご支持頂いております。ふくろうという愛らしいモチーフ、九谷焼の置物ならではの鮮やかかつ斬新な色彩、デザインの融合が単に縁起物という枠ではなくアートオブジェとしての価値も高いことが人気の要因だと思います。一生に一度の大切な記念日に贈る記憶に残る御品としてお選び頂ければ幸いです。






九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物」と言われる事が多い。まさにその通りだと思います。三百五十年以上も前に、この石川県の地で焼物が作られたが鉄分を多く含む陶石を使っていたことからその性質上、真白な色の焼物にならず見栄えを良くする為に絵が描かれた事が九谷焼のルーツだと伝えられています。九谷焼は彩色することにより焼物に価値を見出したのです。以降、加賀百万石、前田家の豪放華麗な文化の中で、その加飾技術は磨き上げられ今日の絢爛豪華な作品の数々が生み出されました。そして明治期に輸出用の作品として贅沢に金を用い描かれた作品が現代の九谷焼の「派手」なイメージの基になっていることは間違いありません。もちろん九谷焼の中にも染付(藍と白)で描かれたシンプルな作品も多々あります。しかし最近になり感じるのは九谷焼の派手過ぎるくらいの彩色が持つデザインの強さ、近年、無駄はできるだけ省きシンプルを求めるデザインが多い中で、この九谷焼の無駄とも思えるくらいの加飾(かしょく)あえて過色(かしょく)とも言い替えることができる過度なまでのデザインには華やかな日本の文化を垣間見る事ができると思えるようになりました。JAPAN KUTANI、明治期、世界が賞賛したのは原色鮮やかで煌びやかな九谷、その華やかな色絵の文化こそ九谷焼が持つ最大の魅力だと思います。







九谷焼の置物に見られる独特な絵付技法「盛(もり)」、そのデザインは個性的であり、一見してグロテスクな印象さえ受けるが、この凝縮した超濃密なデザインパターン、良く見ると荘厳かつ絢爛豪華な装いに見えてくる。この技法が多く用いられた明治期、海外への輸出用の作品に描かれたことで一気に広まったと言われている。

絵付は筆ではなく左写真のように絞り袋により下写真(左)の盛絵具と言われるクリーム状の特殊な絵具で描かれる。例えるならケーキの生クリームでの装飾と同じ手法です。絞り方の絶妙な強弱により華やかに描き出される紋様は見事な存在感を創りだします。下写真(右)は絞り袋の先端に付けられる金属製の抽出口ですが使い続けると先端の穴が削れ広がる為、均一な美しい線を描く為に頻繁に交換を要する実に贅沢な技法でもあります。

絵付でありながら2次元での表現ではなく3次元(立体)での美しさの表現は単に鮮やかな色彩のコントラストではなく、立体的な文様それぞれが創りだす陰影さえも作品の美しさとなるのが「盛(もり)技法」の最大の特徴であると言えます。





九谷焼には置物を専門に製作する職人がいます。生活空間の欧米化にともない置物を飾る場所や習慣が減少傾向にある現在、置物製作に携わる職人の数もそれにともない減ってきています。非常に高度な造形技術、そして彩色技術を必要とされる専門的な仕事を完全にこなせる熟練した職人は現代では大変希少な存在です。また技術の習得に時間を必要とする為、若手後継者が少ないのも事実です。しかし近年、再び縁起物という日本古来のパワーアイテムが注目され始めたことで置物職人の技が活かされる機会も増え始めてきており伝統の継承という未来への光が少しづつ見え始めてきています。縁起物が日本の伝統文化を代表する作品の一つとしてもっと多くの方々に知って頂き触れて頂ける機会を和座本舗は創造していきたいと思います。




作品のお取り扱い方法

乾いた布でホコリを拭き取る程度でOKです。飾る場所の湿度や温度により色がくすんだ場合は濡らした布で軽く拭いて頂き、乾拭きで仕上げて頂けますと輝きが甦ります。直射日光に長く当たる場所に長年置いておきますと絵具の変色が起きますので直射日光は避けるようにお願い致します。置物を飾って頂く際には落下の可能性が低い設置場所をお薦め致します。特に座布団に置く場合はご注意下さい。
窯元 -
素材 磁器
サイズ 大サイズ 高 約17.0cm 幅 約11.5cm 奥 約10.0cm
外装 化粧箱
備考 2体1セット 付属品 飾台 敷物 立札付


九谷焼 夫婦 ふくろう 盛(不苦労 フクロウ)(WAZAHONPO-51627)

価格:

16,200円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ