法人のお客様へ カートをみる マイページへログイン ご利用案内(銀行口座) お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
九谷焼 専門店 和座本舗受賞歴

夫婦茶碗 椿 青良窯(WAZAHONPO-40349)

青良窯が創りだす「椿」の作品は優しさと力強さ、どちらも感じることできる焼物の醍醐味が凝縮した作品だと思います。土と炎から生まれる荒々しく力強い姿、熟練した絵付技術から生まれる優しい雰囲気、絶妙なバランスでの取り合わせがこの作品の魅力です。また作品のサイズも通常のご飯茶碗よりも少し小さめな仕上がりになっていますので、手にすると最初はちょっと小さく感じるかもしれませんが使い込むほどに、このサイズを心地よく感じて頂けると思います。炊きたてのご飯を熱々で美味しい間に食べきれる量が入る、そんなご飯茶碗です。「食べる」という大切な時間を、もっと大切に思えるようになる、そんな器だと思います。




写真左:器の内側は白化粧が施され独特な風合い(濃淡による)を醸し出しています。
写真中:全体にやや小ぶりなサイズに仕上げられています。最初少し小さく感じるサイズかもしれませんが使い込むほどに心地いいサイズと実感して頂けると思います。
写真右:裏面(高台)には青良窯の銘が入り作品に魂が吹き込まれています。


1992年

1993年

1997年

2000年
九谷焼伝統技能展入賞

九谷焼伝統技能展入賞

伝統九谷焼工芸展初入選

第32回日展初入選
日本新工芸展奨励賞受賞
第14回日本新工芸石川会展奨励賞

2002年 第16回日本新工芸石川会展
県知事賞受賞
第41回北陸中日美術展入選

2003年

2004年

2007年

2010年

伝統工芸士認定

石川伝統工芸展入選

第10回日本伝統工芸士会作品展入賞

第13回日本伝統工芸士会作品展入賞

霊峰白山を仰ぐ、九谷の里、加賀百万石の地に昭和34年に開窯し、三百五十年の伝統工芸を今に伝える九谷焼の製作の中で高温釉を基調とする本窯絵付の研究に専念し、更には現代感覚に応えられる図柄、形状を追求し釉薬の研究に没頭し独自の特色を生し、重厚、優美な九谷工芸品の創作に精意努力しております。
窯主 和田昭男

青良窯の作品は独自の色彩感があり、使い心地も考えられた、いわゆる「用の美」を持った九谷焼であると言えます。普段の生活の中にちょっと贅沢な趣を付加してくれる、そんな作品たちです。少し視点を変えると自分用には少し贅沢な器かもしれません、でも大切な人に使って欲しいと思わせてくれる作品なのだと私は思います。
和座本舗 店主


作品のお取り扱い方法

磁器の器ですので、特別なお手入れの必要はございません、食器洗浄機でもお使い頂けますが、絵付部分はできるだけ他の器に触れないように置いて頂きますと傷がつきにくく最良の状態で長くお使い頂く事ができます。洗浄後は十分乾かしてからご収納下さい。

作品によりましてはカンニュウと呼ばれる焼物特有の細かいヒビがある為に長くご使用頂いておりますと変色する場合がございます。焼物の味わいでもありますが食器用漂白剤をお使い頂く事でご使用前の状態に近づける事ができます。
窯元 青良窯(せいりょうがま)
素材 磁器
サイズ (大) 径 約11.3cm 高 約6.0cm
(小) 径 約10.7cm 高 約5.5cm
外装 化粧箱
洗浄 食器洗浄機で洗浄可能です
備考 大小2個1セット

■ お客様の声

おすすめ度  星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ KATSUMI様 2015-08-21
とっても気に入りました

九谷焼にはまりそうです
夫婦茶碗の大きさもちょうどよいので助かりました。

他のものも今後購入したいです。

夫婦茶碗 椿 青良窯(WAZAHONPO-40349)

価格:

10,800円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (1件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる